期間工 受かりやすい時期

期間工になるために募集時期を選び、受かりやすい時期に期間工求人に応募する方法もあります。

期間工 受かりやすい時期

期間工は受かりやすい時期、不採用になりやすい時期があります。

期間工として働きたい場合には、お金を稼ぐ必要がある方が多いと思います。
もしかするとお金が無い、と切羽詰まった状況の方もいるかもしれません。

そんな状況で期間工の面接に落ち続けるのはキツイですよね。

期間工求人は一年中見ることが出来ます。
いつ応募して選考、面接を受けても同じような気もしますが、合格率は変わってきます。

満了慰労金や待遇の良さに魅力を感じ、働きたいメーカーがある場合には落ちたくないですよね・・・。

受かりやすい時期に応募することが出来れば、不採用が続くことも避けやすくなりますし、年齢が高く期間工の採用が普段は厳しい40代、未経験者の方も採用基準が緩くなっている場合があり期間工として高待遇で働けるチャンスがあります。

期間工が受かりやすいのは、大量募集の時期

期間工が受かりやすい募集時期は、まず一年を通して定期的にある大量募集の時期です。

多くのメーカーで期間工が契約満了などで入れ替わる時期となりますので、非常に多くの期間工が採用されます。

例年、

・3月、4月、5月頃
・9月、10月、11月頃

各メーカーとも定期採用が行われ多くの期間工を募集することが多くなっています。

大量募集といって良い時期ですから、各社、期間工の争奪戦に近い状況となるのがこの時期の特徴です。

そのため、まずは応募してくれる人を集める必要があるのですが、最近では分りやすいのが「入社祝い金」が高額になることですね。

期間工の採用ニーズが高いメーカーは、入社祝い金が高騰しやすい

期間工を集めたい、採用しなくてはならない場合、手っ取り早いのは待遇を上げる事です。

特に近年は入社祝い金が高額になることが多かったです。
業界トップクラスの入社祝い金でいうと50万円!が支給されるメーカーの工場もあります。

すごいですね!

未経験者でも入社して働き始めるだけで総額50万円の入社祝い金が支給されるということになります。
約2ヶ月分の月収に近いお金が、いきなり振り込まれます。

この入社祝い金は派遣会社経由での採用の場合となります。

期間工バブルと言われてきた状況の中で、まだまだ入社祝い金30万円~40万円の期間工求人が多く見つかりますので、募集に応募するなら派遣会社経由がおすすめといえますね。

メーカーにもよりますが、人手が足りると入社祝い金が終了したり、5万円などに減額されます。

そして期間工を採用したい時期になると、再び入社祝い金が30万円など高額になります。

メーカーの採用ニーズが分りやすい部分として、入社祝い金がどれだけ高いかにも注目されることもおすすめです。

臨時募集の時期も期間工の採用はされやすい

期間工が多く採用されやすい時期として、臨時募集の時期もあります。

急に生産台数が増えたり、生産が追いついていない場合に期間工を臨時で募集を行う時期です。

早く期間工を採用する必要があるため、この時期も採用されやすい時期と言えます。

ただし、注意点としては臨時募集の場合、生産量に応じての募集となりますので、生産が落ち着いて来たら契約更新がされない可能性が高いということです。

この時期に期間工として入社した人は、長期で働いて稼ぎたい!と思っていたのに契約更新を打診されずに退社・・・といった可能性も考えておく必要があります。

短期満了になる場合、有給休暇が使えないですから次の転職先を探すのが難しいというデメリットもあります。

期間工の年齢制限

期間工になるには年齢制限がある、と言われます。

詳細な年齢制限の情報に関しては採用側にならないと分らない部分もありますが、基本的には20代の応募者は採用される可能性はとても高いです。

若くて体力があり、長く働いてくれそうな人を期間工として採用したい、と考えるメーカーが多いといえます。

対して、40代、50代の方は採用は難しいといえます。

40代ではあっても期間工経験者、工場経験者は採用される可能性はあります。
先ほどもありましたが、大量募集の時期であれば採用されやすいメーカーはあるでしょう。

明確な年齢制限はありませんが、期間工として働きたい場合、30代後半、40代、50代で期間工未経験といった方は受かりやすい時期を狙って応募してみてることをおすすめします。

その際、面接での健康状態、視力などに関しての答え方には気をつける必要があります。

体力的に負担が軽いメーカーの期間工求人もありますので、派遣会社に相談をして採用されやすいメーカーを紹介してもらうのも一つの方法です。

期間工の募集時期によって採用されやすい時期、受かりやすい時期があることに注意

期間工として働くには、面接を受けて採用してもらわなければなりません。

若く10代、20代であってもその時の採用人数が少ない時期であれば、未経験の場合には不採用になる可能性は十分あります。

期間工として働こうかな、と思った時期が

・3月、4月、5月頃
・9月、10月、11月頃

といった期間工が受かりやすい時期に近ければ、少し待ってみても良いかもしれません。

入社祝い金も上がる可能性がありますね。

期間工になるには派遣会社経由がおすすめ

期間工になるには選考会、面接に合格する必要があります。

期間工は誰でも受かる、と考えてはいけません。
不採用になることもありますからね。

不採用が続いてしまうと、期間工として得られるはずだった収入を当てにしていた場合、お金がが無くなってピンチ!な状況になってしまう方もいるのではないでしょうか。

家族の生活のため、クレジットカードの引落しがマズイなどあるかもしれません。
(借金については面接では言ってはいけません。NGです)

面接の合格率を上げることが重要です。
そのためにも期間工の派遣会社経由がおすすめです。

派遣会社としては求職者が期間工としてメーカーに採用されないと売上げになりませんから、採用されるように面接対策などサポートをしてくれます。

また受かりやすいメーカーの情報もくれるでしょう。

色々な状況から、もしかすると行きたくないメーカーを紹介される可能性もありますが、ダメ元でトヨタを受けてみたい!など伝えれば折れてくれる可能性は高いです。

おすすめの期間工の派遣会社を、

⇒ 期間工おすすめ派遣会社

でご紹介しています。

高額な入社祝い金の期間工求人が多い、おすすめ期間工派遣会社をご紹介していますのでご覧になってみてください。

メーカーの期間工求人ページからの直接応募だと、入社祝い金が無い場合も多いです。

入社祝い金がもらえる期間工求人が多いこと、内定率の高さもこうした期間工派遣会社を利用するメリットです。