期間工 受かりやすい時期

期間工になるために募集時期を選び、受かりやすい時期に期間工求人に応募する方法もあります。

期間工 アウトソーシング経由デメリット・メリット

期間工はアウトソーシング経由で申し込んだ方がメリットが大きいです。

アウトソーシングなどの派遣会社経由だと「入社祝い金」が貰えるのが非常に大きいですね。
また合格率も上がります。

期間工になるには面接を突破しなくてはなりません。

しかし、メリットがあればデメリットもあります。

この記事では期間工 アウトソーシング経由のデメリット、メリットについてまとめています。

期間工への応募、アウトソーシング経由のデメリット

先に期間工 アウトソーシング経由のデメリットについてみていきましょう。

幾つかデメリットを挙げることが出来ます。

一手間増える

メーカーの直接応募の場合には、すぐ応募出来ますがアウトソーシング経由の場合には、一手間かかります。

メーカー求人に応募する前に、アウトソーシングの面談があります。

アウトソーシング側としては、この面談で応募者の詳細を確認することになりますので重要な時間です。

履歴書の内容を確認したり、応募先となるメーカーの説明、他に採用されやすいメーカーがあれば求人の提案なども行われます。

期間工は誰でも受かりそうなイメージがありませんか?
しかし、不採用になることもあります。

特に30代、40代の期間工未経験の方、体力に自信が無い方などは時期によっては不採用の可能性が高くなります。

受かりやすい時期を狙って応募することも必要かもしれません。

しかし、早く働いて稼ぐ必要があるといった場合には、年齢が高くても採用されやすいメーカーを探す必要があります。

アウトソーシング経由であれば、面談の中でそうした仕事探しの相談も可能です。

応募したいメーカーとは違うメーカーを勧められる

先ほどもチラッとありましたが、期間工は誰でも採用される訳ではありません。

特に車体製造に関しては、体力が必要な部署の期間工募集が多いです。

若く健康で、出来るだけ長く働ける人材が欲しいという依頼が派遣会社には来ているはずです。

またこれまでにも多くの期間工を内定させているからこそ、採用ラインになるかどうかの判断も可能です。

「この求職者の場合、希望通りのメーカーを受けさせたら落ちるな・・・」

といった場合には、

「こちらのメーカーの方が採用されやすいですが、どうですか?」

と紹介してくるのは当然といえそうです。

アウトソーシングとしても求職者をメーカーに採用して貰い、働いて貰うことが目的ですからね。

ただ、どうしてもそのメーカーをダメ元で受けたい!といった場合であれば、そのように対応してもらえるでしょう。

期間工求人への応募、アウトソーシング経由のメリット

トヨタやマツダ、スバル、日産、ホンダ、スズキ、いすず、デンソー、アイシンAWなど様々なメーカーの期間工求人を取り扱っているアウトソーシング。

アウトソーシング経由のメリットについて、今度はみていきましょう。

高額な入社祝い金あり、期間工求人が多い

アウトソーシング経由で応募する一番のメリットは、やはり「入社祝い金が貰える」ことでしょう。

メーカーによっては入社祝い金が30万円、40万円、50万円といった高額な金額になっています。

貰えるか貰えないかで、収入で大きな差が付きますね。

入社祝い金30万円以上なら、期間工として月の手取り以上の入社祝い金が支給されることになります。

メーカーの直接応募の場合、多くは入社祝い金が無かったり、あっても「5万円、10万」といった場合が多いです。

お金を稼ぐために期間工になるのでしたら、アウトソーシング経由で入社祝い金をもらった方がお得ですね。

期間工の内定率が高い

アウトソーシングは年間約4,000人近い人を期間工として内定させています。

(2018年は3,850名が内定)

期間工に応募するには履歴書が必要です。
志望動機も大切です。

一般企業の正社員試験を受けるほどガッチリ書く必要は無いですが、それでもそれなりにしっかりとした内容で書くことが必要になります。

アウトソーシングを利用すれば担当者が付いて、履歴書の内容や志望動機などについてもアドバイスをもらうことが出来ます。

また年齢など条件的に厳しい方の場合には、期間工として採用されやすいメーカーの提案もあると思います。

希望条件があれば、仕事探しの相談も可能です。

メーカー側からすると、派遣会社(アウトソーシング)がフィルターの役割を果たしていることになります。

簡単に言えば、

「採用基準に合った人だけ紹介してくれるから、採用率が上がる」

ということになります。

毎年多くの人材を期間工として内定させているアウトソーシング経由のメリットといえます。

期間工満了後の再就職

期間工は採用後は直接雇用になりますが、有期雇用です。

2年11ヶ月が最長と、働ける期間が決まっています。

引き続き、期間工として働くには違うメーカーで勤務することが必要です。
6ヶ月のクーリング期間を空ければ、また同じメーカーで再雇用してもらうことが可能になります。

契約期間満了後、まだ期間工として働いてお金を貯めたい、といった方も多いと思います。

その場合、次の仕事の相談もすることが可能です。

アウトソーシング(派遣会社)経由も期間工は直接雇用

期間工求人への応募方法として2つの方法があります。

【期間工への応募方法】

・メーカー公式ホームページの求人ページからの「直接応募」

・アウトソーシングなど派遣会社経由の応募

これまで見てきたように、アウトソーシング経由で応募するメリットは多いですが、メーカーに直接応募するメリットはそれほどありません。

派遣会社経由で募集されていない時に応募するくらいでしょうか。
(メーカーによっては直接応募のみの時期もあります)

入社祝い金の支給はやはり大きい!

期間工として働く方は、お金を稼ぐこと、貯金を残すことが目的の方が多いと思います。

そうなると、やはりアウトソーシング経由で期間工に採用された場合に支給される入社祝い金の存在は大きいですよね。

時期によって入社祝い金の金額は増えたり減ったりしますが、

「入社祝い金 30万円支給!」

「入社祝い金 40万円支給!」

などの求人が多いですからね。

昔はそれでも多いと思った、入社祝い金10万円が安く感じられてしまいます。

短期の期間工で働こうと思っている方にこそ、入社祝い金がもらえるアウトソーシング経由の期間工への応募はおすすめです。

アウトソーシングで期間工求人を探すには

アウトソーシング経由でトヨタや日産、スバル、ホンダ、デンソー、アイシンAWなど期間工の募集を探したい場合には、以下からぜひ入社祝い金を確認してみてください。

アウトソーシングから期間工求人に応募する

⇒ 【入社祝い金あり求人多数】期間工最大手 アウトソーシング

入社祝い金がアップ!しているメーカーもあります。
期間工の求人を探すなら業界最大手のアウトソーシングがおすすめ!

入社祝い金あり求人が多数、内定者実績も業界No.1です。