期間工 受かりやすい時期

期間工になるために募集時期を選び、受かりやすい時期に期間工求人に応募する方法もあります。

期間工 アウトソーシング経由の場合の面接

期間工になるためには派遣会社経由が入社祝い金が今は貰えることもあり、おすすめの方法です。

入社祝い金も高額な時期は40万円といった金額になっていますからね、貰わない手は無いと思います。

直接応募だと入社祝い金が無いメーカーもあります。

直接応募だと入社祝い金が10万円のメーカーも、アウトソーシング経由だと30万、40万円の入社祝い金になる場合もあります。

アウトソーシング経由の場合には面接が1回増えますが、面接の手間が増えたとしても入社祝い金が30万円、40万円と貰える方が嬉しいですよね。
生活費に充てたり、貯金に回すことが出来ます。

期間工として働く目的は「お金」ですから、ぜひアウトソーシング経由などでの期間工になる方法がおすすめです。

ここでは期間工.jp アウトソーシングの面接、面接内容についてまとめています。

アウトソーシングの面接はいつ?

【入社祝い金あり求人多数】期間工.jp(アウトソーシング)

から期間工募集に申込みをすると、アウトソーシングの担当者より返信がきます。

・電話による応募
・WEBからの応募

と2種類あります。

アウトソーシング 期間工求人の応募フォーム

基本、WEBからの応募になりますが、メーカーによっては電話応募も対応があります。

(なぜ、メーカーによって電話応募あり・無し、と対応が異なるのかは謎ですが・・・)

こうした応募は、ネットからの応募が主流と思います。

今アルバイトなどをしていて、電話に出やすい時間帯などがあれば、記載されることをおすすめします。

応募後、早い場合には折り返しの連絡が当日、時間帯などによっては翌営業日以降になりますがアウトソーシングでの面接日を決めるために連絡がきます。

都合の良い日でアウトソーシングの面接を予約することになりますので、申込みの前に、面接を受けるのに都合の良い日程をいくつかピックアップされておくと良いでしょう。

期間工 派遣会社の面接はどんな服装?

アウトソーシングなど派遣会社の面接ではあっても、完全普段着(家でダラダラ過ごす感じのままの服装)は避けた方が良いです。

派遣会社の面接とはいえ、メーカーの求人に応募する際に、ちゃんと働いてくれるしっかりした人です、といったことで推薦する人物かどうかを見極めるための面接でもありますので・・・。

私服、カジュアルな服装はOKです。

スーツが面接には無難ですし間違いないですが、

派遣会社の面接ということでカジュアルに面接を受けられる、というのであれば、

・シャツ
・ジャケット
・落ち着いた色のパンツ(チノパンなど)

が無難といえます。

アウトソーシングの面接の流れ

当日の面接の流れですが、

・持参した履歴書を提出
・エントリーシート
・適性検査
・面接(応募メーカー決めなど)

といった流れになります。

どのメーカーの期間工募集に応募したいかも決めておくと良いと思います。

期間工求人に派遣会社経由で応募するデメリット

ただ、派遣会社経由のデメリットとして挙げられることも多いですが、

「希望するメーカー以外を勧められることもあります」

といったことがあります。

派遣会社は各メーカーの募集状況を把握していますし、期間工の採用基準についての情報もあります。

今、応募しても採用される可能性が低い、という応募者の方に関しては「採用の可能性が高いメーカー」や「PEO(無期雇用)」を提案されることは多いと言えます。

「45歳で期間工未経験、高待遇のトヨタ期間工を希望」

といった場合、不採用の可能性が高いです。

既に仕事を退職していて無職、期間工の次の仕事で探している場合などには、あまり空白期間(無収入期間)が空くと生活に響くと思います。

中高年でも採用されやすいと言われるジヤトコ期間工、アイシンAW期間工なども検討した方が良いかもしれません。

アウトソーシングの面接内容

アウトソーシングの面接内容としては、

・履歴書の内容に沿って経歴の確認
・仕事を辞めた理由
・期間工として働きたい志望動機
・健康状態の確認
・希望のメーカーの求人状況や他メーカーへの応募案など

といった内容となります。

担当者の方や応募者の状況によって細かい部分では異なる点もあるでしょう。

応募メーカーを決めたらアウトソーシングの社内選考を経て、メーカーの採用面接へと進むことになります。

期間工.jp アウトソーシング経由の面接とは

アウトソーシングが運営する期間工の求人サイト、

⇒ 期間工.jp(アウトソーシング)

から応募する一番のメリットは、高額な入社祝い金がある期間工求人が多いことです。

ただ、注意点としては求職者の状況(年齢、期間工や工場の勤務経験、満了状況など)によって必ずしも希望のメーカーに応募出来るとは限らない、といった点には注意が必要かもしれません。

派遣会社の担当者としては希望のメーカーに通してあげたい気持ちもあるのでしょうけれど、最終的に決めるのはメーカーの人事です。

落ちる可能性が高い場合、他の採用されやすいメーカーを勧めてくれるのは当然ともいえますね・・・

期間工として働きたい方の中には、仕事をすぐに決めて高給与が得られる期間工で早く働きたい事情がある方もいると思います。

あまりに希望にこだわってしまうと不採用が続き、2ヶ月、3ヶ月と仕事探しの期間が続いてしまう可能性もあります。
(メーカー面接を受けてから不採用通知が来るまで2週間~かかることも)

期間工の求人には色々なメーカーからのものがあって、実は働きやすく高額な給与が稼げるメーカーもあるでしょう。

どうしても受けたいメーカーがある場合には、ダメ元で社内選考だけでも、と希望すればそのように面接後に進めてもらうことも出来る場合が多いです。

もちろん、特にメーカーのこだわりが無い場合、給料や労働環境で決めたい場合には相談が可能です。

派遣会社(アウトソーシング)としても一人でも多くの方をメーカーに紹介して働いて貰いたいと思っていますので、基本的には希望通りの働き方でサポートをしてくれます。

希望メーカーに不採用になったからアウトソーシングが利用出来ない、といった訳ではありませんから、次は採用になりそうなメーカーの提案を前向きに検討してみる、といった利用方法で期間工の内定を勝ち取ってみてはいかがでしょうか。