期間工 受かりやすい時期

期間工になるために募集時期を選び、受かりやすい時期に期間工求人に応募する方法もあります。

期間工 選考会参加費の支給について

期間工の求人に応募した際、貰えるお金の中に「選考会参加費」というものがあります。

期間工の入社祝い金に含まれている場合もありますが、この「選考会参加費」は「メーカーの面接」を受けた時に貰うことが出来ます。

選考会参加費については期間工の他ではあまり聞き慣れない、見慣れない言葉かと思います。

この記事では、期間工の選考会参加費、いつ支給されるのか。
合格した時はもちろん、不合格でも貰うことができるのか。
選考会参加費が支給されないケースはどんな時は、といったことについて解説をしています。

期間工 選考会参加費とは

期間工の選考会参加費とは何かと言いますと、メーカー、つまりトヨタ自動車やスバルなどのメーカーの面接(選考会)に参加すると支給されるお金です。

派遣会社(アウトソーシングなど)を経由してスバル期間工に応募、選考会に参加した場合に支給されることになります。

現状、どれくらいの選考会参加費が貰えるのかは以下をご覧になってみてください。

スバル期間工 選考会参加費

スバル期間工の場合には、アウトソーシング経由のキャンペーンとして、

スバル【アウトソーシング】応募特典

・選考会参加費 7万円
・入社祝い金 23万円

合計30万円

となっています。

また、トヨタ期間工の場合には、

トヨタ期間工 選考会参加費

トヨタ自動車【アウトソーシング】応募特典

・選考会参加費 7万円(アウトソーシング)
・入社祝い金 23万円(アウトソーシング)
・特別手当 10万円(メーカー)

合計40万円

となっています。

お金を稼ぐために期間工として働くのですから、こうした選考会参加費も大きな収入になりますね。

また面接を受けるにしても会場が遠方だとつい応募を躊躇してしまうかもしれませんが、選考会参加費があることで受けやすくなります。

交通費以上に選考会参加費でプラスになる方も多いのではないでしょうか。

期間工として働くことを考えている人に、できるだけ多く面接を受けて欲しい、といった狙いもあると言えるでしょう。

いずれにしても、7万円などそれだけでも高額といえる選考会参加費は貰わないと、もったいないですね。

期間工 選考会参加費はいつ貰える?

選考会参加費は面接当日に手渡しでもらえる、といったことではなく後日、振込手続きがされます。

いつ振り込まれるかというと、期間工の最大手アウトソーシング経由の場合には支給は選考会から3週間以内の振込となります。

ちなみにメーカーにより選考会参加費の金額には差があり、調べてみたところ、3万円~7万円の間で金額設定されていました。

アウトソーシング キャンペーン一覧

選考会参加費もそうですが、入社祝い金の金額自体も時期によって増減します。

期間工としてお仕事探しをされている方は、ぜひ派遣会社のホームページで気になるメーカーの期間工求人の詳細をご確認になってみてください。

⇒ 期間工.jp(アウトソーシング)

⇒ 工場求人ナビ(日総工産)

派遣会社やメーカーによって振込時期が異なる場合もありますので、派遣会社に登録時の面談で選考会参加費や入社祝い金がいつ振込になるのか、確認されることをおすすめします。

期間工 選考会参加費は不合格でも貰える?支給の条件

選考会参加費は基本的に参加すればもらえるお金です。

選考会への参加費ですからね・・・。

しかし、全てのケースで貰えるわけではなく貰えない場合もあります。

選考会参加費が貰えるのは、以下の場合となります。

【選考会参加費が貰えるケース】

・選考会(面接)に通過し採用された場合

・選考会(面接)に通過し不合格になった場合

・選考会(面接)に通過し採用されるが、止むを得ない事情で辞退した場合(貰える可能性)

派遣会社経由で期間工募集に応募することが条件、に加えてそのメーカーで働く気がある人を対象として支給される性質のお金です。

ですから、以下のように内定が出たのに辞退すると支給されない、ということになります。

期間工 選考会参加費が貰えないケース

それではメーカーの選考会(面接)に参加しても選考会参加費が貰えないのはどういった場合でしょうか。

【選考会参加費が貰えないケース】

・選考会(面接)に通過し採用されるが辞退した場合

選考会参加費は受けたメーカーで働く意思がある方に支給されるお金であるため、辞退すると支給されません。

期間工の仕事は年収、希望条件で選ぶことが重要です!

期間工の仕事は選考会参加費だけで選ぶのではなく、トータルでどれくらいの年収が稼げるか、希望条件で働くことが出来るか、で選ぶことが重要になります。

選考会参加費も含めた入社祝い金の高さも惹かれるポイントですが、フル満了を目指すのであれば今後の残業代、休日出勤代などで稼げる可能性は十分にあります。

それよりは、採用されやすいメーカーの期間工求人を探す方が重要な年齢、職歴の方もいらっしゃるのではないでしょうか。

しかし、短期で期間工で稼ぎたい場合には入社祝い金は重要です。

期間工として働く予定の期間、働き方によって、どれだけ選考会参加費を含めた入社祝い金を重視するかが変わってきそうですね。

アウトソーシング 関連記事

期間工 アウトソーシング経由デメリット・メリット

期間工求人への応募の際、アウトソーシング経由のデメリット、メリットについてまとめています。