期間工 受かりやすい時期

期間工になるために募集時期を選び、受かりやすい時期に期間工求人に応募する方法もあります。

期間工 入社祝い金 いつ貰える?

期間工の入社祝い金はいつ貰える?

この数年、期間工のボーナスともいえる入社祝い金は高額な金額となっており、期間工として働く方にとってメーカー選びの重要なポイントになっているといえるでしょう。

入社祝い金40万円、50万円!といった自動車メーカーもありますからね。

そこまで祝い金が高額なのは一部のメーカーで、それでも期間工求人を見ていると10万円~20万といった入社祝い金が期間限定で貰えるメーカーが多くなりました。

ちなみに、期間工の求人募集は色々な派遣会社で探すことが出来ますが、取り扱いメーカー数が多いのは、アウトソーシング(期間工.jp)です。
内定率も高いので、おすすめです。

入社祝い金は派遣会社経由からのが高額ですから、ぜひアウトソーシング経由などで期間工になって祝い金を貰ってください。

⇒ 【入社祝い金あり求人多数】期間工最大手 アウトソーシング

期間工の入社祝い金とは

期間工の入社祝い金

期間工って半年で200万以上稼げるんだ!しかも求人見たら入社祝い金が40万、期間工になっただけでこんなに貰えるの?

と思った方も多いのではないでしょうか。

入社祝い金40万円で期間工を募集しているメーカーは今はこちらですね。

⇒ 入社祝い金40万円!業界トップクラスの高待遇メーカー

(入社祝い金は時期によって増減するので変わっている可能性もあります)

入社祝い金は期間工になって働くことで貰えるお金です。

先ほどご紹介したアウトソーシングなど、期間工の派遣会社経由でメーカーの募集に応募し採用され、働き始めることで貰えるお金です。

入社祝い金が貰える仕事は工場、製造業、期間工の他にもあるのですが、今の期間工の入社祝い金は非常に高額です。

しかも、期間工となってからも高収入です。
貯金が圧倒的に早く貯まる仕事と言われます。

年収400万円以上、メーカーによっては年収500万円以上を稼ぐことが出来ます。

寮費無料、水道光熱費無料、食堂あり、といったように生活費をとても安く抑えて働くことができるのが期間工の働き方の特徴です。

だからこそ、半年で200万以上などお金を貯めることが出来ます。

例えば、タクシーなども入社祝い金が貰えますし正社員雇用ですが、タクシードライバーになってからの年収は低めです。

地方都市でのタクシーは多くのドライバーが年収200万円台ですからね・・・。

大型トラックのドライバーでも入社祝い金が出るところも増えつつはあるようです。

短期での稼ぎ、どれくらい貯金ができるかを考えると、期間工は稼げる仕事といえます。

近年の人手不足から、期間工の入社祝い金も高額になってきています。

期間工の入社祝い金はいつ?手持ちのお金が無くても大丈夫?

高額な入社祝い金がもらえるメーカーの期間工として無事に採用された!

で、

入社祝い金っていつ貰えるの?入社したらすぐ貰えるの?

ということが気になる方は多いと思います。

特に、今手持ちのお金があまり無くて困っている・・・といった場合には、早い支給だと助かりますよね。

早く支給されたら生活費に出来る。

しかし残念ですが、どのメーカーも入社して即日、入社祝い金が貰えるようなことはありません。

もし入社してすぐに10万円、20万円などまとまったお金を支給したら、お金だけ貰って辞める人が続出することが予想されるからです。

入社祝い金は一定期間在籍し、しっかりと働いてくれる人にだけ支給されるお金となります。

祝い金はいつ支給される?

派遣会社経由で支給される入社祝い金はメーカーからのものと比べて早い振込が多いので、生活費の当てにはできると思います。

派遣会社からの入社祝い金は2週間~3週間ほどで支給されることが多いです。

アウトソーシングは入社祝い金の支給が早いことでも人気がある派遣会社です。

メーカーからの入社祝い金は、1ヶ月在籍確認後に初任給と同時に振込、といったケースが多いです。

メーカーによっては入社祝い金が1ヶ月在籍、2ヶ月在籍、3ヶ月在籍と分割で支給されることもあるので、派遣会社の担当者に応募時に確認しておくと良いでしょう。

また応募に利用する派遣会社によっては、派遣会社への申請が必要な場合もあります。

入社祝い金を貰うための手続きに関しても、確認しておくと安心です。

中でも、入社祝い金などの振込タイミングが業界の中でも早いのが、アウトソーシングとなります。

そういったことも、アウトソーシング経由での期間工がおすすめされている理由です。

⇒ 【入社祝い金あり求人多数】期間工最大手 アウトソーシング

入社祝い金の内訳

期間工の入社祝い金は、以下の3つに分かれています。

それぞれ振込タイミングが異なる、期間工の入社祝い金

・選考会参加費(派遣会社から支給)

・入社祝い金(派遣会社から支給)

・入社祝い金(メーカーから支給)

期間工の求人ページではこの3つをまとめて「入社祝い金」としていることが多いですが、いつ貰えるかはこの3つはそれぞれで違います。

一番早く貰えるのは選考会参加費

上記3つの祝い金の中でも、最も早く貰えるのが「選考会参加費」です。

大体、1週間~2週間前後での入金が多くなっています。

遅くても3週間ほどではないでしょうか。

(ちなみにメーカーによっては選考会参加費が即日支給されるメーカーも稀にあります)

選考会参加費も全てのメーカーで貰えるわけではありません。

募集ページをしっかりと確認されて、選考会参加費など入社祝い金の支給があるメーカーなのかを確認されることが重要です。

入社祝い金を貰うための条件

入社祝い金を貰うための条件をまとめてみましょう。

【期間工の入社祝い金を貰うための条件】

・派遣会社経由で選考会に参加、採用されて働くこと

・メーカー毎の在籍確認時、および支給日に働いていること

・以前、そのメーカーの期間工を途中で退職していない

・以前も同じ派遣会社経由で入社祝い金をもらっていないこと(1年など期間をあけていれば貰えるケースなどもあり)

在籍確認や支給日はメーカーによって異なる場合がありますので、期間工求人への応募時に確認されておくと、お金の予定を立てやすいと思います。

入社祝い金を貰ってすぐ辞めても良いの?

こうしたお金絡みのことになると、考えてしまうのが「貰ってすぐ辞めて良いの?」ということです。

「入社祝い金を貰って辞めて、またメーカーに応募したら高額な入社祝い金が貰える・・・短期間でめっちゃ稼げる!」

しかし、メーカーや派遣会社はこうしたことには厳しいです。

契約期間中に退職した人は基本的にはもう採用されませんし(グループ会社も含めて)、派遣会社もそうした人には求人紹介はしなくなります。

かなり期間を空ければ分かりませんが・・・

また期間工として働く可能性がある、といった場合には途中退職はデメリットが大きいです。

せめて契約期間満了まで頑張って働き、辞めた方が良いでしょう。

入社祝い金あり期間工求人が多い派遣会社

期間工の求人紹介をする派遣会社は多数あります。
中には聞いた事が無い派遣会社もあると思います。

基本的に、大手派遣会社を経由した方がなにかと安心です。

期間工に限りませんが、大手紹介会社や派遣会社は対応力が違います。

(期間工は直接雇用になりますが、派遣として働く場合には派遣会社が大手かどうかで待遇が変わるケースもあると言います)

また内定実績も変わってきます。

取り扱いメーカー数、内定実績などを考えるとおすすめは最大手のアウトソーシング経由です。

アウトソーシングから期間工求人に応募する

⇒ 【入社祝い金あり求人多数】期間工最大手 アウトソーシング

入社祝い金がアップ!しているメーカーもあります。
期間工の求人を探すなら業界最大手のアウトソーシングがおすすめ!

入社祝い金あり求人が多数、内定者実績も業界No.1です。