期間工で稼ぐ

日総工産 技能社員は正社員?年収、賞与、退職金などについて

日総工産の技能社員、正社員として働く

日総工産の技能社員は正社員です。

工場勤務を希望している方の中で、派遣社員の働き方から安定した正社員での就職、転職を希望されている方も多いと思います。

日総工産の採用には技能社員もあり、正社員として働くことができます。

工場求人ナビなどでは日総工産の技能社員の求人も多く探すことができますね。

しかし、日総工産の技能社員は正社員でがありますが、世間一般が思う正社員とは違う部分もあります。

正社員!やった!

と技能社員として働き始め、後から思っていたのと違う働き方だった・・・日総工産の技能社員になって失敗した・・・とならないように、事前に技能社員について抑えておきましょう。

この記事では、日総工産の技能社員について、雇用の特徴、技能社員の年収、賞与、退職金などについて情報をまとめています。

工場求人ナビで探せる日総工産の技能社員(正社員)求人

日総工産 工場求人ナビ

工場求人ナビは日総工産が運営する工場や製造業、ものづくりに関したお仕事に特化した工場求人サイトです。

日総工産の技能社員の求人を掲載していますので、希望の勤務エリア、技能社員として働きたいメーカーから求人を探すことができます。

未経験者歓迎の技能社員求人も多いので、これから工場で正社員として安定した勤務を希望する方も利用することができます。

日総工産の「技能社員」は、地域限定や職種限定の正社員です。
地元で働きたい、といった方にもメリットのある働き方ではないでしょうか

「将来のことを考えると、正社員として働きたい」

とお考えになっている方も多いと思います。

就職活動、転職活動の方法、選択肢のひとつとして日総工産の技能社員をお考えの方は、工場求人ナビを利用して探す方法がおすすめです。

⇒ 工場求人ナビ

日総工産、技能社員の特徴

日総工産 技能社員

日総工産の技能社員として働く前に、働き方の特徴について抑えておきましょう。

・技能社員は無期雇用派遣
・技能社員は地域限定もしくは職種限定の正社員
・月給制で年2回の賞与もあり、昇給もあり
・将来も見据えたキャリアアップが可能

技能社員の大きな特徴は、日総工産の正社員であるということ

技能社員は正社員です。

働く先はトヨタ、日産など自動車メーカーや半導体製造、電子部品のメーカーなどですが、雇用元は日総工産となります。

派遣先の正社員ではありません。

そのため、待遇、福利厚生は日総工産のものとなります。

【日総工産 技能社員のポイント】

技能社員は日総工産の正社員として、派遣先で働く

そのため、トヨタや日産など自動車メーカーの正社員として働きたい、といったような場合には、期間工から正社員登用を目指すといったように、違うルートで正社員を目指す必要はあります。

技能社員は無期雇用派遣

日総工産の技能社員は無期雇用派遣です。

無期雇用派遣とは

無期雇用派遣とは、派遣会社との間に期限を定めず雇用契約を結び、派遣スタッフとして働くことです。

期間の定めのない雇用契約を結び、日総工産から派遣先の企業に派遣されて働くことになります。

工場に派遣されて働くことは、派遣社員での働き方と同じです。

しかし、日総工産との雇用契約では契約期間に定めがありませんから、長く安定して働くことができます。

「長く安定して働ける」

ということに、大きな安心感やメリットを感じる方も多いのではないでしょうか。

その中で3年後には自分の適性に合わせてキャリアを選択、ステップアップするチャンスがあることも、日総工産の技能社員の特徴になります。

日総工産の技能社員は将来も見据えたキャリアアップが可能

日総工産の技能社員は正社員として長く働くことが可能です。

長く働くことができることから、将来のキャリア形成も可能となってきます。

日総工産 技能社員のキャリア形成

技能社員として就業してから3年経つと、それまで働いてきた経験から自分の適性や将来に合わせてキャリア形成を考えることが可能になります。

・生産現場のリーダーとして働く
・技術系エンジニアとして働く
・日総工産の本社、営業所の社員として働く
・そのまま技能社員として働く

といったキャリアの中から、自分に合った働き方で考えることができます。

就業前にあれこれ悩む必要はありませんが、長期で働くことを考えると現場でずっと働くのは体力的に不安・・・といった方も多いと思います。

色々なキャリアパスを考えることができるというメリットも、技能社員にはあるということは抑えておきたいポイントです。

月給制で年2回の賞与もあり、昇給もあり

技能社員は正社員で月給制ですから、給料が安定して貰えることもメリットといえます。

月給制で年2回の賞与もあり、昇給もあります。

ただし、派遣先のメーカーによっては派遣社員や期間工(期間従業員)として働いたほうが時給が高く、高給与になることはあります。

とはいえ派遣社員や期間工の時給が高いのは雇用期間が定められているから、という事情を考えると正社員として働く技能社員のメリットと天秤に掛ける必要はあるでしょう。

また派遣社員や期間工の場合には、出勤日数によって給与が減る月もありますね。

とはいえ数年、短期間でガッツリ稼ぐ必要がある方は、期間工の方が適しているといえそうです。

期間工の求人探しであれば、業界最大級の求人を取り扱っているのがアウトソーシングです。

⇒ 期間工.jp(アウトソーシング)

トヨタ、日産など入社祝い金、期間満了金が高額でガッツリ稼げるメーカーの期間工求人はこちらで探す方法がおすすめです。

技能社員は退職金もあり

日総工産の技能社員は退職金制度もあります。

日給月給と比較して、技能社員は固定給で安定していますし、退職金制度もありと派遣社員よりも優遇されているメリットがあります。

日総工産の技能社員として働くメリット・デメリット

日総工産の技能社員として、正社員として働くメリットは多いです。

もちろんデメリットもあります。

メリットとしては次のようなことが挙げられます。

日総工産 技能社員のメリット

・毎月一定の収入が保証される(固定給)
・賞与(ボーナス)あり、退職金制度あり
・福利厚生が手厚い
・定年まで働ける
・就業から3年後、キャリア形成を図れる
・同じ地域で長く働くことができる
・安定した働き方ができるので結婚も考えやすい

といったようなことを挙げられるでしょう。

日総工産の技能社員、正社員として働く最大のメリットは、やはり安定した収入を得やすいということです。

派遣や期間工は確かに時給が高く、稼ぐことができますが雇用は不安定です。

雇用調整されるのも、まずは派遣社員や期間工ですよね。

突然職を失ってしまった経験がある・・・という方も中にはいらっしゃるでしょう。

そうした場合、日総工産の技能社員の安定した働き方は、大きな魅力に映るのではと思います。

雇用調整が入るのはまず派遣社員、契約社員・期間工・期間従業員となります。
正社員として働く場合には安定した働き方はできるといえます。

日総工産の技能社員は、未経験OKの求人もあります。

安定した働き方を希望される方、経験の浅い方も応募を検討されてみてはいかがでしょうか。

日総工産 技能社員のデメリット

・メーカーの正社員ではない(待遇、福利厚生は日総工産)
・派遣される職場が合わない可能性
・派遣先によっては不安定で打ち切りの可能性はある

日総工産 技能社員、まとめ

製造業・工場で働くことをお考えの方の中には、日総工産の技能社員、正社員雇用を希望されている方もいらっしゃると思います。

突然職を失うことを考えると、やはり不安は大きいです。

安定した働き方を希望される方には、日総工産の技能社員はメリットの大きな働き方になるのではと思います。

毎月の固定給の安定さ、賞与・退職金などもあり、勤務して3年後にキャリアアップを考えることができるメリットもあります。

とはいえ、デメリットもあります。

正社員だからこそ、身動きがとりにくい部分もあります。

後から後悔しないために大切な事は、情報収集をしっかりとした上で求人に応募するかを検討されることです。

正社員として働く場合、情報収集をしてみて良いなと思えるメーカーや企業の正社員求人があれば、まずはそちらに応募してみるのも良いと思います。

工場ワークスなら、製造業・工場の求人をまとめて探すことができます。

⇒ 工場ワークスで仕事探しをしてみる

正社員求人も多数掲載されているため、情報収集に最適です。

工場求人ナビへのご登録はこちら

工場求人ナビで日総工産の技能社員の求人を探すことができます。

これからお仕事探しをされる方はぜひ活用してみてはいかがでしょうか。

⇒ 工場求人ナビ

口コミ・評判も参考にされることをおすすめいたします。

日総工産 関連記事

日総工産 派遣 評判・口コミ

工場求人ナビ 評判・口コミ

ぜひ条件に合う工場求人をお探しになってみてください。

工場求人サイト 関連記事

工場ワークス 評判・口コミ

工場ワークス 派遣ばかり

日総工産 派遣 口コミ・評判

工場求人ナビ 評判・口コミ

日総工産 技能社員は正社員?年収、賞与、退職金などについて

寮付き派遣会社おすすめランキング